天網恢恢
ストライサンド効果(ストライサンドこうか、英語: Streisand effect)は、インターネット・ミーム(インターネット上の流行語)の一つで、ある情報を隠蔽したり除去しようとしたりする努力が、逆にその情報を広い範囲に拡散させてしまうという意図せざる結果を生み出すことを指す。(ウィキペディア)
「しゃれこうべ」あるいは「どくろ」って読む
「髑髏」って漢字あるだろ。
この「髑」「髏」って字、単独の読みは存在しないんだぜ。
ふたつそろって初めて読める。しかも他の組み合わせはなし。
中1の時、学年中の靴箱の「田中」を「油虫」にして校長室に呼ばれた
27 :名刺は切らしておりまして:2013/12/05(木) 13:03:32.82 ID:9sRce4U6
Lightningコネクタが使いやすいからなあ。マイクロUSBの糞さが際だったぐらいだし。
36 :名刺は切らしておりまして:2013/12/05(木) 13:13:10.67 ID:rIlpaSqt
»27
端子むき出しのライトニングコネクターは
電気分かる人ならキチガイじみてると思うものだよ。 実際には認証プロトコル流して
それが確立しないと電気流さないとかまでやって安全性を確保してるんだが、
そこで今度は
安価なデバイスにそんな高度な機能入れろってのかよクソ高コスト仕様だな氏ねって結論になる。 42 :名刺は切らしておりまして:2013/12/05(木) 13:18:53.66 ID:E4QkTlQH なんでmicroUSBの規格化のときにやっておかなかった 57 :名刺は切らしておりまして:2013/12/05(木) 13:37:30.67 ID:rIlpaSqt »42 裏表なしってことは、端子の使い方として 裏表どちらにも同じピンを配置しとく物理的にコストが上がる方法と、 インテリジェントなデバイスでしか扱えないがデバイスで裏表を自力で判断してピンの使い方を変える必要がある。 上記コストを、規格として必須にする

1998年にウィリアムズ姉妹は男子の世界ランキング203位のカールステン・ブラーシュと対戦しました。
ブラーシュがそれぞれを6-1と6-2で下しました。

海外の反応をまとめました。







・この男面白いぞ。
記事「もし君がこういう試合をする羽目になった場合、俺が出来るアドバイスは、忍耐強くあれということだ。
ウィリアムズ姉妹との試合がキャンセルされてしまっても、怒ったり驚いたりしたらダメだ。
彼女たちは多忙だから。
準備はとても重要だ。
こういう試合を真面目に考えるのは間違いだ。
軽い気持ちで臨もう。
俺は、午前中にシャンディーを数杯飲んだ後にゴルフコースを周って準備をした。
だからとてもリラックスしてコートに来ることが出来た。
・・・試合後に姉妹は報道陣に対して再び男子プレーヤーに挑戦したいと語った。
今度は350位の男子と対戦したいと語ったらしい。
それを教えてくれた記者に、俺はこう言った。
「来週の試合で負けるとランキングが350位まで落ちるから、一週間待ってくれたら、もう一回俺に挑戦できる」よと。


・ウィキペディアの記事はもっと面白いぞ。
「彼は独特のサービスモーションとコートチェンジの際に喫煙することで知られていた。
1998年に彼より15歳若いウィリアムズと試合をした時、彼は203位だった。
記者によると、彼の練習は主に、喫煙と冷たいラガービールを飲むことだそうだ。
それでも彼はウィリアムズ姉妹を6-1と6-2で下した。
・なぜイタリア人はサッカーが大好きなのか? それは途中で自サイドを交換することができるからだ
群馬の田舎の電車に乗っていた時に、年配の女性が俺を一瞥したあとバッグから塩が入った袋を取り出して自分の周りを囲むように足元に振りかけたこと。このときほど自分が「南蛮人」だと感じたことはなかったぜ・・・。
名古屋の科学館に「サハラ砂漠を体験しよう!みんなは耐えられるかな!?」みたいなプレートを掲げた高温の部屋があったんだけど、明らかに外の公園の方が暑かった。
海外反応! I LOVE JAPAN  : 【スペイン】超高層ビル建てたけどエレベーター付け忘れた! 海外の反応。

スペインのベニドルムで建築中の超高層ビルは希望と繁栄のシンボルとなるイメージで 設計されていましたが、悲しいことに建築家がエレベーターを付けることを忘れていました。

当初はエレベーター付きの20階建てとして設計されていましたが、47階建てに変更となった際に その規模に合う大型エレベーターに再設計する
ことを考えていませんでした。悲しいことに設置する スペースはありません。

当初の建築家はすでに辞任しており、問題を解決する方法は不明のままです。

海外反応! I LOVE JAPAN  : 【スペイン】超高層ビル建てたけどエレベーター付け忘れた! 海外の反応。

スペインのベニドルムで建築中の超高層ビルは希望と繁栄のシンボルとなるイメージで 設計されていましたが、悲しいことに建築家がエレベーターを付けることを忘れていました。

当初はエレベーター付きの20階建てとして設計されていましたが、47階建てに変更となった際に その規模に合う大型エレベーターに再設計する
ことを考えていませんでした。悲しいことに設置する スペースはありません。

当初の建築家はすでに辞任しており、問題を解決する方法は不明のままです。

米国人主婦がインターネットで圧力釜を注文したことで、家に警察が押しかける騒動があった。

「ガーディアン」紙が伝えたところによれば、ミシェル・カタラノさんが圧力釜をインターネットで探していたところ、3台から4台のジープに乗った6名の警官がやってきたという。
了承を得た上で家宅捜索を行い、圧力釜があるかどうか問いただされた。
炊飯器があることを知った警官たちはそれで爆弾が作れるかどうか聞いてきたという。
警官たちはインターネット上でのミシェルさんの検索履歴に基づいて捜索を行ったという。
その中には「圧力釜の爆弾」および「リュックサック」がヒットした模様。
主婦は圧力釜を探し、夫はリュックサックを検索し、息子はボストンテロ事件を調べていたという。
その結果、誰かの頭の中でボストンテロ事件後の米国におけるテロのイメージに合致してしまった。